旅先でのマッサージ

私は旅行に行ったとき、旅先でマッサージをしてもらうのが大好きです。
それは観光名所を沢山歩いて疲れた身体を癒すのはもちろん、施術者とのコミュニケーションも楽しめるからです。地元の方が多く、方言を交えた会話は非常に楽しいものです。

私は強く揉まれたりツボを押されたりするのはあまり好きではなく、いつもオイルマッサージをお願いします。ある日のマッサージ店では、料理などに使用するスパイスが調合されたオイルを使うという少し変わったものでした。それによって血行がさらに良くなるそうです。確かに施術中ポカポカと暖かさを感じます。

その日はバスでの移動が多く、腰が痛くなり始めていたので腰を中心にマッサージしてもらっていました。腰を中心にとお願いしても、そこだけマッサージするのはあまり良くないようです。様々な筋肉が腰に作用しているため、一時的ではなく疲れや痛みをとるためには全く関係の無いような箇所もマッサージの必要がでてくるのです。そういった話や地元の話、郷土料理のことなどを聞いていると、いつの間にかウトウト。当たり外れのあるマッサージ店ですが気持ちよくうたた寝できるのは当たりの証拠、すっきりと腰は軽くなり、翌日も旅行を楽しめました。

ホームに戻る