落ち着ける中央区で出張マッサージを受けるのが一番

これまで、マッサージを利用するにあたり、いつもお店に足を運んで施術を受けてきました。だけども、最近ではい出張マッサージを好んで利用している自分がいます。というのも、出張マッサージの場合、気持ちの上でリラックスして臨めるんですよね。私にとって、自宅というのはこの世の中で、最もリラックスできる空間であり、そこでこれまた最もリラックスできるマッサージを受けれるのですから、いやはや正に鬼に金棒状態なわけなんです。それにね、よくよく考えてみると、マッサージを受けたい、と思うのは当然のことながら、体が悲鳴を上げているような状況であります。そんな時にわざわざお店まで足を運ぶというのは、かなり面倒じゃありませんか。まあ、お店まで足を運ぶのはいいとしても、施術を受けた後に、また自宅まで帰って来なければならない、というのは、うーん、二度手間と言いましょうか、折角の施術が無駄になっていしまいかねません。それがですよ、出張マッサージならば、いつでも自分の好きな時間に施術を受けることが出来ますし、施術が完了した後には、そのままグッスリと眠りにつくこともできますからね、体を休める、という意味においては最も効果的だと思われます。

厄除天井大獅子の名所中央区「波除稲荷神社」

中央区の築地市場の東側に隣接している波除稲荷神社は、中央区で訪れる価値のあるところです。厄除け獅子、お歯黒獅子とよばれる獅子が有名で、厄除け祈願をする人が大勢訪れます。
時は江戸時代、大被害を出した明暦の大火のあと、築地の海の埋め立て作業は荒波で難航していました。その時に海にただよう光り輝く御神体が発見され、万治2年(1659年)に神社を建ててこれを祀ったところ、荒波がぴたりと止まって埋め立て工事は順調にすすみました。これが波除稲荷神社のはじまりで、それ以来厄除け、商売繁盛、工事安全の神社として崇敬されてきました。
神社の境内は大きな樹木でかこまれ、中央には小さいけれど黒くて立派な大社造りの社殿が構えています。祭神は稲荷神社でまつられる、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)という穀物神です。築地市場という食物の中心地にはあってしかるべき神さまと言えるでしょう。
神社の境内のみどころといったら、鳥居の両わきに鎮座している獅子殿の「厄除天井大獅子」、弁財天社の「お歯黒獅子」です。大獅子は金と黒の色で、願いを叶えてくれる存在です。お歯黒獅子は学芸と富の神・市杵島姫命を祀る弁財天のシンボルで、ピンクと金色の鮮やかな色をしています。厄除天井大獅子大祭は、築地地区を代表する、新年の獅子まつりです。

ホームに戻る